置き換えダイエットで無理なく減量しましょう

効率よくダイエットや減量をしたいならば、置き換えダイエットがオススメです。

絶食や思い切り食事量を減らすと確かに体重は落ちますが、すぐにリバウンドしてしまいます。

結果として前よりも痩せにくい体になるので、計画的に制限するなら別ですが、安易に食べないのは危険です。

そこで取り入れてみたいのが置き換えダイエットです。

置き換えダイエットとは?

ゆるい置き換えダイエット

ゆるめに置き換えダイエットするのであれば、すこし食事制限するため炭水化物を控え目にとり、野菜や果物を積極的にとり、和食中心の食事に切り替えることでできます。

食事で人間の体は作られるので、肌のツヤや血行の良さなどは何を食べたかで決まります。

まず、夜に重点を置いて食べている人は、朝や昼に積極的に食事をとるスタイルに変えましょう。

夜は寝るだけなので、あまり食べ過ぎると消化されないまま寝てしまい、結果として脂肪を蓄積する体になってしまいます。

夜に食べる予定のものは翌朝に回すという考え方が重要です。

一般的な置き換えダイエット

一般的な置き換えダイエットは、その名前のとおり、いつも食べていたものを別のダイエットに合った食品に置き換えることをいいます。

これまで、朝食にトーストを二枚食べていた場合、一枚をバナナなどの果物に置き換えて、カロリー摂取を抑えるのが効果的です。

トーストにも、ジャムなどをベタベタ塗らないで、シンプルな味付けを楽しみましょう。

また、朝に、スムージーなどのフルーツや野菜たっぷりの健康ドリンクを朝食の置き換えとして飲むのも美容にもいいです。

朝は食欲が湧かない人は、ミキサーで飲みやすくした栄養素の高いドリンクならば、難なく体に取り入れることができるでしょう。

食事の置き換え以外にも満腹感を増やして食事量を減らす方法も

無理に置き換えないでもダイエット効果を得る方法もあります。

昼は時間がないからと、定食やどんぶりものなどがっついて食べていませんか。

ここは忙しくても満腹中枢を刺激して満足させるためにもしっかり噛む回数を意識して食べましょう。

急いで食べると満腹になると感じるまでにかなりの量を食べてしまいそのまま体重増加してしまいます。

よく噛んで、顎を使って食べるのが基本です。

昼は、週に何度か、機能性食品やこんにゃくゼリーなどの歯ごたえのあるものを食べて置き換えダイエットするのもいいでしょう。

まとめ

朝と夜は食べるので、昼はあまりお腹がすかないといういう人は、昼食時はカロリーを抑えることに気をかけていくと効果的に無理なくダイエットできます。

やっぱり、空腹では集中して仕事ができないのでお腹に何かを入れるのは基本ですね♪