無理しない産後ダイエットのすすめ

妊娠中、体重が10kg以上増えてしまう方も少なくありません。

3kgの赤ちゃんに加えて、胎盤や羊水、母体の血液量の増加など、これらの生理的な増加は出産後元に戻ります。

問題は赤ちゃんを守る防衛本能からついた脂肪です。

妊娠中についた脂肪は落ちにくい・・・!

この脂肪は産後の体系維持のためもダイエットで落とす必要があります。

しかし、産褥期はゆっくり休まないと、後の体調に大きく影響します。

体力が戻っておらず、筋力が落ちたままで骨盤がぐらぐらの状態では、体に過度の負担がかかるためカロリーを燃焼するような運動は好ましくありません。

また、育児中に無理な食事制限をすると、ストレスとなり、母乳育児の場合は貧血になってしまいます。

そこで、無理なく産後ダイエットを成功させるためには、ゆがんだ姿勢と開いてしまった骨盤を整えることが必要不可欠です。

産後、早い段階で骨盤を矯正する必要がある

産褥期は衰えた腹部の筋力を戻す産褥体操をし、骨盤をしっかりしめるベルトを装着することです。

二か月目ごろからは、骨盤矯正ができるところもあります。

正しい姿勢(下腹に力を入れ、背筋を伸ばす)を保持し、普段の生活をするだけでも、無駄な贅肉がつくことを避け、衰えた主要な筋肉を鍛えることができます。

赤ちゃんを抱っこしたまま、階段昇降をする、スクワットをするとさらに下半身の筋肉が鍛えられるため、基礎代謝がぐっとあがります。

食事については、母乳育児の場合、バランスの良い食事を心掛ける、乳腺炎予防のために、脂質や甘いものは控えめにする必要がありますが、ダイエットにも最適です。

忙しくてきちんとした食事が作れないと、不規則になりがちですが、その場合、お菓子などで済ませず、手軽に置き換えられるものを活用するのもダイエットに効果的です。

栄養価の高いドライフルーツや、成分がきちんと考えられている酵素ドリンクは、手間が減り健康面に影響することなく、摂取カロリーを減らすことができます。

まとめ

忙しい産後は、心身ともに健康でゆとりがあってこそダイエットも成功します。

無理なく、痩せやすい日々の習慣を身につけることが体型維持への近道です。